結婚と夫婦であるメリットの確認

結婚と夫婦であるメリットの確認

結婚では、感情的にお互い長い人生を一緒に生活をしてよいと決断をして夫婦生活を始める契約の儀式とも言えます。
もともとは、人間同士では約束を破ったり、騙したりする場合があるということで、約束を破れば罰を与える神様などに仲介をしてもらい、相手が裏切らないように契約をする場として始まったという歴史があります。
その後二人を祝福して、お祝いをするということで変化してきて、今に至るということになります。
今では人生の区切りとして、お互いを意識するために行う手順ということになります。
しかし、結婚をした人たちのその後のことを考えると、相手に誤解を与えて、自分の有利なように夫婦生活を始める場合もあり、お互いの契約という面をもう一度重視して、相手をよく調べて、正当な評価でお互いの新婚生活を始められるようにすべきでもあります。
離婚率の高まりや、女性の経済力の上昇なども考えると、本来の契約という面を強調して結婚をするということも必要だとも感じます。

最新投稿

  • 経済力の維持と結婚後の生活の考え方

    結婚では、お互いに満足できる結果が得られるかどうかは、一種の賭けという側面もあります。
    まった …

    続きを読む...

  • 同志としての結婚相手との協力体制

    結婚というと熱烈な恋愛をしたり、見合いなどで相手を気に入り、一緒に生活をするというイメージがあります …

    続きを読む...

  • センスが光る招待状のデザインは

    結婚式を開く際に、招待するゲストには招待状を送って参加、不参加の返事を書いてもらい送り返してもらいま …

    続きを読む...